東北の複数の女子小中学生らに裸の画像を送らせたとされる児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)事件は、山形市の無職山川裕也容疑者(25)が逮捕されてから8日で1カ月になった。宮城、山形、福島3県の約300人のポルノ画像などを所持したとされる容疑者。イケメン風の画像を示して相談に乗る「お兄ちゃんポジション」を巧みに利用し、児童ポルノを大量製造した疑いが出ている。
 岩沼署などによると、容疑者は子どもに人気の出会い系アプリで小中学生らと接触。顔の一部を隠してイケメンに見える角度で自画像を撮って送信し、相手を安心させた。思春期に特有の悩みなどを丁寧に聞くことで、「ユウさん」と呼ばれる存在になっていく。
 容疑者は次第に少しだけわいせつな話を持ち掛け、応じた子どもとだけ徐々に話をエスカレートさせる。最初は着衣の画像を送らせて褒めまくり、異性に興味を持つ年頃であることを逆手に取って自分の裸の画像を送信。「裸、送ってみて」などと誘っていた。
 被害者の多くは幼く、親が寝た深夜に親のスマートフォンを使っていた。容疑者はその点を突いて「お父さん、お母さんにばれると嫌でしょう」などと脅し、両親のスマートフォンに残るポルノ画像を消去させ、発覚を遅らせていた。
 同署の佐々木幸彦副署長は「子どもが被害に遭わないよう保護者は注意を呼び掛けてほしい」と促す。有害サイトの閲覧を制限するフィルタリングサービスを使わせたり、就寝中は親が自分の携帯電話のロック機能を利用したりすることが必要という。

[メモ]山川容疑者は当時11~15歳だった女子小中高生4人に裸の画像を送信させたとして5月8日と同25日に逮捕された。4月には当時15歳の女子中学生と名取市内で性的行為をした宮城県青少年健全育成条例違反容疑でも逮捕されている。岩沼署によると、押収されたパソコンなどには少なくとも300人分の児童ポルノ画像などが保存されていた。