第64回春季東北地区高校野球大会第2日は9日、仙台市民球場と石巻市民球場で2回戦計6試合があり、東日本国際大昌平(福島)、いわき光洋(福島)、仙台育英(宮城)、弘前学院聖愛(青森)、羽黒(山形)、東北(宮城)が準々決勝進出を決め、8強が出そろった。
 東日本国際大昌平は日大山形に3-0の零封勝ち。いわき光洋は久慈(岩手)を8-1の七回コールドで下した。仙台育英は中盤までのリードを守り聖光学院(福島)を3-1で破った。弘前学院聖愛は盛岡大付(岩手)とのタイブレークを7-4で制した。羽黒は七回に3点を奪って能代松陽(秋田)を突き放し5-2で勝利。東北は九里学園(山形)に4-3で逆転勝ちした。
 第3日の10日は石巻市民球場と利府町中央公園野球場で準々決勝4試合がある。

<きのうの結果>
 ▽2回戦
東日本国際大昌平 3-0 日大山形
いわき光洋 8-1 久慈
仙台育英 3-1 聖光学院
弘前学院聖愛 7-4 盛岡大付
羽黒 5-2 能代松陽
東北 4-3 九里学園

<きょうの試合>
 ▽準々決勝(石巻市民)
東日本国際大昌平 - いわき光洋 10時
八戸学院光星 - 東陵 12時30分
 ▽同(利府町中央公園野球場)
仙台育英 - 弘前学院聖愛 10時
羽黒 - 東北 12時30分

◎弘前学院聖愛 10回勝ち越し

 ▽2回戦(仙台市民)
弘前学院聖愛(青森)2000100103=7
盛岡 大付 (岩手)0400000000=4(タイブレーク十回)

 【評】弘前学院聖愛が無死一、二塁から始まるタイブレークを制した。十回無死満塁から暴投で勝ち越し、さらに葛西健の2点中前打で突き放した。盛岡大付は相手を上回る12安打を放ちながら、要所で打てなかった。

<葛西健、勝利呼ぶ2点中前打>
 弘前学院聖愛の葛西健がタイブレーク十回、勝利を大きく引き寄せる2点中前打を放った。五回1死三塁の好機で凡退していただけに「最後に打ててほっとした」とはにかんだ。
 無死満塁からまずは暴投で勝ち越したものの、「盛岡大付の打力を考えたら1点では足りないと思った」。内角直球にやや詰まりながら、しぶとくはじき返した。原田監督は「タイブレークの先攻は取れるだけ点を取らないといけない。葛西(健)の一打は大きかった」とたたえた。

◎いわき光洋逆転で大勝

 ▽2回戦(石巻市民)
久   慈(岩手)0100000=1
いわき光洋(福島)0001412x=8
(七回コールドゲーム)

 【評】いわき光洋が逆転で大勝。0-1の四回に熊谷の左犠飛で追い付くと、五回は軽部の2点打など打者9人の猛攻で4点を加え、その後も差を広げた。久慈は投手陣が14安打と打ち込まれ、守備も乱れた。

<久慈・宇部主将(先発、3番手と2度の登板も苦杯)>
 「変化球が決まらなかった。(7大会ぶりの)東北大会で硬くなり、いつものプレーができなかった。今回味わった雰囲気を意識して練習に臨みたい」

◎東北逆転

 ▽2回戦(仙台市民)
九里学園(山形)110100000=3
東  北(宮城)01003000×=4

 【評】東北が逆転勝ち。1-3の五回、敵失で1点を返し、なおも2死二、三塁から葛岡の左中間2点二塁打で試合をひっくり返した。葛岡は投げても四回途中から先発中山を救援し、反撃を許さなかった。九里学園は五回以降、打線が湿った。

<九里学園・菊田(1点を追う九回2死一、二塁で凡退)>
 「狙っていた初球を捉えられず、精神的に追い込まれた。最後は直球の球威に負けた。夏までにもっと勝負強い打者になる」

◎羽黒先行逃げ切る

 ▽2回戦(石巻市民)
能代松陽(秋田)000000020=2
羽  黒(山形)00200030×=5

 【評】羽黒が逃げ切った。三回2死二、三塁から竹内の中前打で2点先取。七回は5四死球に乗じて3点を加えた。八回に先発佐藤幸が2点を返されたが、継投で切り抜けた。能代松陽は反撃が遅かった。

<能代松陽・沢田(八回2死二、三塁で反撃の2点三塁打)>
 「四番が好機で打てるのは当たり前。六回の打席も得点圏に走者がいたが、力が入り過ぎて生かせなかった。自分の力不足が負けにつながり申し訳ない」

◎東日本国際大昌平が快勝

 ▽2回戦(石巻市民)
東日本国際大昌平(福島)001000011=3
日 大  山 形(山形)000000000=0

 【評】東日本国際大昌平の投打がかみ合った。主戦新田は4安打完封。打線も三回1死一、二塁から石井の二塁打で先制し、八、九回にも加点した。日大山形は打線がつながりを欠いた。

<新田、主戦の意地で完封>
 東日本国際大昌平が東北大会で初めて1大会で2勝を挙げた。立役者は4安打完封の右腕新田。得点圏に走者を進められた4度のピンチをいずれも内野ゴロでしのいだ。主戦の意地を見せた投球に「得意の変化球で切り抜けられた」と笑顔を見せる。
 悔しさを糧にした。新チーム発足時は主戦だったが制球を崩し、伊藤監督に背番号1を外された。今春の福島県大会までは背番号10。フォークボールを習得して復調し、東北大会で再びエースナンバーを取り戻した。「優勝で弾みをつけ、甲子園に出場する」。力強く語る表情に今後もチームの信頼に応える決意がにじんだ。

◎仙台育英投打かみ合う

 ▽2回戦(仙台市民)
仙台育英(宮城)010110000=3
聖光学院(福島)000000010=1

 【評】仙台育英が完勝した。二回に斎藤の犠飛で先制。四回も斎藤が適時打を放ってリードを広げた。主戦長谷川は伸びのある直球を軸に2安打完投。聖光学院は八回の反撃も1点止まりだった。

<主戦長谷川2安打完投>
 仙台育英の主戦長谷川が聖光学院打線を2安打に抑えて完投した。「いいテンポで投げられた」と満足そうだった。
 伸びのある直球を生かし、強力打線にフライアウトの山を築かせた。制球の良さも光って四球はわずか1。「常にストライクを先行させたことも良かった」と振り返る。最少失点で反撃をしのいだことにも手応えを感じている様子だ。「次も最後まで集中力を切らさないようにしたい」と話した。