第64回春季東北地区高校野球大会第3日は10日、宮城県利府町中央公園野球場と石巻市民球場で準々決勝があり、仙台育英(宮城)と東日本国際大昌平(福島)が準決勝進出を決めた。
 仙台育英は同点で迎えた六回に杉山の適時打で勝ち越し。七回に長谷川の適時打などで2点、八回も4点を加えて弘前学院聖愛(青森)に八回コールド勝ちした。
 東日本国際大昌平は一回に柳葉が右翼席に3点本塁打を放ち、五回にも3点を追加して試合を優位に進め、八回コールドでいわき光洋(福島)を下した。

 ▽準々決勝
弘前学院 聖愛(青森)00001000=1
仙 台 育 英(宮城)00010124x=8
(八回コールドゲーム)

東日本国際大昌平(福島)30003001=7
い わ き 光洋(福島)00000000=0
(八回コールドゲーム)