国際廃炉研究開発機構(IRID)と東芝は15日、東京電力福島第1原発3号機の原子炉格納容器内部を調査するため開発した水中ロボットを、神奈川県横須賀市の施設で公開した。スクリューを動かし滞留水の中を進み、溶融燃料(燃料デブリ)の広がりを調べる。7月に投入予定で、夏に公表する溶融燃料の取り出し方針策定に役立てる。
 ロボットは長さ30センチ、直径13センチ。前後にカメラと照明を備え、前進用と昇降用のスクリュー計5器で移動する。圧力容器を支える台座の底部に到達できれば、溶融燃料を映像で初めて捉えられる可能性がある。
 公開したのは、3号機の滞留水位と同じ深さ6メートルの水槽に設置した実寸大施設での訓練。操作員がケーブルを通じて送られる映像を見ながら慎重にロボットを操縦。台座内に進入させた後、作業用足場の隙間(45センチ)を抜けて床面付近に潜り込ませた。
 東芝の原子力福島復旧・サイクル技術部の竹内努部長は「水中ではロボットを3次元で動かせ、障害物を避けやすい。成果を出せるよう努力する」と語った。
 炉心溶融(メルトダウン)した1~3号機のうち、3号機は1号機と同様、核燃料の大半が格納容器の底に溶け落ちたとみられている。東電は今年1~3月、1、2号機でロボットによる内部調査を実施。炉内の堆積物に阻まれ、溶融燃料は確認できなかった。