16日午後4時35分ごろ、秋田市中通7丁目のJR秋田駅で、中央改札から在来線5、6番ホームに通じる階段に白い粉計数十グラムが散らばっているのを乗客の30代男性が見つけ、連絡を受けた駅員が鉄道警察隊に通報した。秋田中央署によると、簡易検査の結果、有毒物質ではなかった。体調を崩したりやけがをしたりした人はいない。JR東日本秋田支社によると、羽越線の普通列車2本が運休、1本が1時間25分遅れた。