菅義偉官房長官は18日、仙台市青葉区で講演し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題について「説明不足とされているが、手続きはオープンだった」と述べ、「総理の意向」などと記載された文部科学省の記録文書の内容を改めて否定した。
 菅氏は「福田康夫政権時から申請があったが、認められなかった。私どもの政権で実現した。規制改革はしっかり進める」と強気の姿勢に終始した。
 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の成立にも触れ、「国際間のテロ情報が入るようになる。安全安心のため必要な法律を通すのが政権の責任だ」と語った。