東日本大震災で被災した宮城県岩沼市沿岸部で津波の多重防御策の一環として建設中のかさ上げ道路について市は7月、愛称を募集する。市の担当者は「後世に道路の意義を伝えるとともに、親しみやすい愛称を付けてほしい」と話している。
 かさ上げ道路は市道3路線などから成り、総延長は約7.2キロ。津波の威力を減衰させるため4~5メートル盛り土してある。一部を除いてほぼ出来上がっており、9月上旬には全区間で完成する予定だ。
 応募期間は7月1~31日。愛称とふりがな、理由、連絡先を書いて〒989-2480岩沼市役所土木課に郵送する。メールやファクスでも応募できる。
 入賞作は9月ごろ、市ホームページなどで公表。最優秀賞1点と優秀賞2点にはそれぞれ1万円、5千円相当の特産品を贈る。連絡先は同課0223(22)1111。