岩手県は5日、東日本大震災の復興に役立ててもらいたいと匿名の個人から1000万円の寄付があったと発表した。匿名の個人による震災関連の寄付金では過去最高額だという。
 県出納局によると、6月27日午後1時ごろ、60代後半ぐらいの女性が県庁1階にある局の窓口を訪れ「震災復興に役立ててほしい」と紙袋を渡した。職員が受領書を渡そうとすると、女性は「バスの時間があるので急いでいる」と言い、名乗らずに立ち去った。
 職員が紙袋の中身を確認したところ、現金で1000万円が入っていた。県は、沿岸部の復興事業や震災遺児・孤児への奨学金給付事業の財源に充てる方針。
 県には匿名希望の寄付が年に数件あるが、大半は名前や住所を記した受領書を渡すという。県税務課は「多額の寄付で驚いたが、ありがたい。希望にかなうよう大切に使いたい」としている。