特産のサクランボの輸出可能性を探ろうと、作付面積が青森県内一の南部町で10日、香港への輸送試験が行われた。町内のNPO法人青森なんぶの達者村が出荷を手掛け、品質の検証とともに将来の担い手のために販路確立を目指す。達者村によると、同町からのサクランボ輸出は初めて。
 杉澤勝さん(46)の農園で採れた紅秀峰を香港の卸売業者など4社に1.5キロずつ出荷。杉澤さんが早朝から収穫し、箱に詰めて達者村の担当者に手渡した。
 県とヤマト運輸による農水産物の輸送サービス「A!Premium(エープレミアム)」を活用し、香港には12日に到着予定。サクランボは温度変化や湿度などで傷みやすいため、現地で品質が保たれているかどうか確認する。
 県などはハート形のサクランボ「ジュノハート」の3年後の本格出荷を目指しブランド化を進めている。
 達者村の沼畑俊吉代表理事は「今回うまくいけば将来、ジュノハートを輸出するとなった場合にも生産者と出荷先との橋渡しをしたい」と話した。