10日午後1時半ごろ、青森県外ケ浜町石崎沖で漂流している木造船を漁業の男性が発見、外ケ浜町漁協が青森海上保安部に通報した。海保によると、船は全長約10メートル、幅約2メートルの無人船。船内から漁網などが見つかった。管内では昨年1年間に木造船の漂着事案が8件あった。日本船の転覆情報がないことから、朝鮮半島方面から流れてきた可能性があるとみている。