岩手県警捜査1課などは11日、保育所で女児に食塩を混ぜた液体を飲ませて塩化ナトリウム中毒で死亡させたとして、傷害致死の疑いで、元保育所経営者の盛岡市北飯岡2丁目、パート従業員吉田直子容疑者(33)を逮捕した。
 逮捕容疑は2015年8月17日午前10時半~18日午前0時5分ごろ、容疑者が経営する盛岡市菜園2丁目の認可外保育所「スマイルキッズ」で、盛岡市の下坂彩心(あこ)ちゃん=当時(1)=に食塩入りの液体を飲ませて死亡させた疑い。容疑者は食塩を摂取させたことは認めているが、「体調が悪くなるとは思わなかった」と供述しているという。
 捜査1課によると、8月18日午前0時5分ごろ、彩心ちゃんを引き取りに来た父親の亘さん(27)が異変に気付いて病院に搬送したが、亡くなった。この日は保育所に容疑者と彩心ちゃんしかいなかった。
 容疑者は15年7月初めに保育所を開所し、彩心ちゃんら数人の乳幼児を預かっていた。彩心ちゃんが亡くなったため保育所を8月下旬に閉所。容疑者は保育所の開所前から、自宅で彩心ちゃんを預かることもあったという。
 彩心ちゃんの両親は「最愛の娘が1歳の誕生日に帰らぬ人となり、2年間言葉に言い表すことのできない悲しみや怒り、つらさを味わってきた。逮捕により真実が明らかになり、二度とこのようなことが起きないことを願っている」とのコメントを出した。