福島県猪苗代町で農作業中の女性(88)が10日に熱中症とみられる症状で死亡したことが11日、地元消防本部への取材で分かった。
 消防本部によると、女性は10日午後5時50分ごろ、同町長田の自宅近くの畑で倒れているのが見つかった。駆け付けた救急隊員が死亡を確認した。
 県内は連日猛暑が続き、猪苗代町では10日、最高気温が31.7度に達した。
 福島県内の各消防本部によると、県内では11日夕までに、福島市内の3人をはじめ計20人が熱中症とみられる症状を訴えて病院に運ばれた。