原子力規制委員会は10日、東北電力東通原発(青森県東通村)の新規制基準への適合性審査会合を開いた。東北電は想定する最大規模の津波が起きるメカニズムを説明し、北海道の十勝沖と根室沖から三陸沖北部に広がる海域で発生する根拠を解説した。
 北方領土付近などさらに遠方で大地震が発生しても津波想定に影響しない理由を、過去の地震データの解析結果を基に報告。同社は東通原発の津波の最大水位を11.7メートルと想定しており、次回以降の審査で津波の高さの妥当性を説明する。