南東北インターハイ第14日は10日、山形県西川町の月山湖カヌースプリント競技場などで7競技が行われ、柔道男子個人では福島・田村の杉山海が81キロ級で、90キロ級でも滝沢秀斗が3位に入った。
 柔道男子個人で地元の田村(福島)の3年生2人が3位と健闘した。81キロ級の杉山は準決勝で優勝した奥田(京都学園)に惜敗し、90キロ級の滝沢は準々決勝まで4戦のうち2試合で一本勝ちするなど強さを見せた。地元の大歓声を背に戦い「応援あっての3位。とても力になった」と声をそろえて感謝した。
 入学時から「(開催地の)郡山で日本一」を目標に据えてきた2人は、周りが止めるまで乱取りをやめないほどの稽古の虫。滝沢は「競い合う中で上達できた」と振り返る。
 ともに愛媛国体では少年男子団体に出場する予定。杉山は「一緒にまた闘える。力を出し切り、最後の大会を締めくくりたい」と力強く語った。