岩手県西和賀町の錦秋湖(湯田ダム)に夏だけ姿を現す貯砂ダム(錦秋湖大滝)で11日夜、ライトアップが始まった。12日まで。
 幅123メートル、高さ17.5メートルある貯砂ダムの放流水に午後6時、赤、黄、緑など色鮮やかな光がともされた。見物客は、年間で2日だけの珍しい光景をカメラに収めていた。12日も午後6~8時に点灯する。
 4回目の今年は貯砂ダム完成15周年を記念し、東北地方整備局湯田ダム管理支所が町や地元の企業、団体に呼び掛け、ダム北側の川尻総合公園でイベントを開催。町内の観光施設で特典を受けられる全国初の貯砂ダムカードも配っている。