秋田県は4日、8月24~25日に降った大雨による農林水産関係の被害額が4日正午現在のまとめで8億271万円に上ると発表した。県内16市町村の被害調査はほぼ終了した。
 水稲は水田に土砂が流れ込むなどして811ヘクタール、1億8852万円の被害があった。野菜や大豆を含む農作物の被害額は2億516万円。ほかに農地は94カ所で8936万円、ため池やポンプ場といった農業用施設は162カ所で2億6653万円の被害が出た。
 道路や河川など土木施設を含む被害総額は21億2341万円に上った。
 7月の大雨と合わせた県内の被害額は324億円を超えた。