バスケットボール男子、B2仙台は8~10日、山形市総合スポーツセンターで開かれるリーグ開幕前の公式大会、東北アーリーカップに臨む。bjリーグ時代に始まった前身の東北カップから数えて6度目で初優勝を狙う。
 6日は、仙台市のHALEOドームで約1時間半、練習した。守備の連係を確認し、昨季B2の東京EX(現B3)から新加入した泉らがシュート練習に励んだ。勝ち上がれば3連戦となる厳しい日程を控え、軽めの調整だった。
 東北アーリーカップはいずれもB2東地区の青森、岩手、仙台、秋田、山形、福島の6チームがトーナメントで争う。仙台は8日の1回戦で福島と対戦。勝ち上がると、9日は山形との2回戦、10日は決勝に臨む。1回戦で敗退すると敗者同士による交流戦、2回戦で敗退すると3位決定戦に回る。