北海道から沖縄まで19種類のご当地うどんと麺の食べ比べを楽しめる「全国まるごとうどんエキスポ2017」が9月30日、10月1日の両日、湯沢市役所駐車場の特設会場である。
 湯沢商工会議所などによる実行委員会の主催で、今年で7回目。東北地方からは秋田県の稲庭うどんをはじめ、岩手県の岩手じゃじゃ麺、宮城県の白石温麺(うーめん)、山形県の山形肉うどんが参加。沖縄県の沖縄そばが初参加する。
 うどん1杯券を3枚つづりにした前売りのセット券が1000円(当日1200円)。セット券の半券は来場者の人気投票で「ご当地うどんグランプリ」を決める投票券になる。開場は両日とも午前10時で、9月30日は午後6時、10月1日は同5時まで。連絡先は実行委事務局0183(73)6111。