湯沢市二井田地区のダリア園「ダリアのオオヤマ育種研究圃場」で、色彩豊かな花々が見頃を迎え、愛好家の目を楽しませている。
 5000平方メートルの園内には約600種、3000株が植えられ、大きいもので直径30センチほどの大輪が秋風に揺れている。
 圃場は花卉(かき)農家大山俊太郎さん(70)と長男の慶さん(42)が営む。花の中で目を引くのは、オリジナルの品種「未来」。外周がピンク色で、中央がクリーム色の直径15センチの花を付けた。
 大山さんによると、朝晩の気温が低めに推移したため、生育は例年より5日早い。見頃のピークは今月下旬から10月下旬ごろまで。
 開園は10月29日ごろまでで、午前9時半~午後4時。台風などの悪天候時は休園。入園料は一般300円、高校生以下は無料。連絡先は圃場事務所0183(73)6845。