八戸市中心部にある八つの横町の魅力を伝え、文化として定着させるイベント「八戸横丁月間 酔っ払(ぱら)いに愛を2017」が10月1日、開幕する。同市や実行委員会などが主催し、七つの企画を展開する。
 日本酒の日にちなんだイベント「日本全国地酒で乾杯!」が1日のオープニングを飾る。会場の八戸ポータルミュージアムはっちで、県内外の30種以上の日本酒を味わえる。午後8時にはネット中継で各地をつなぎ、一斉に乾杯する。
 6、7日の午後6~9時は「横丁オンリーユーシアター」と題し、横町にある店や路上で7組によるトークショーやダンスを公演。3公演を飲み物1杯付き1000円で楽しめる。
 同市六日町の路上で八戸三社大祭の山車などを披露する「さかな町・夜の歩行者天国」(8日)や、横町の指定された5軒を回る「八戸横丁連合飲みだおれラリー」(18日)も開催。
 このほか、「八戸さんぽマイスターと行く ディープな八戸ほろ酔いめぐり」「“フーテンのトヨさん”が八戸にやってくる」「八戸屋台村『みろく横丁』ハロウィン」がある。
 実行委員長を務める八戸横丁連絡協議会の月舘裕二事務局長は「多くの人が横町を歩き、活性化につながればいい」と話した。
 連絡先は、はっち0178(22)8228。