自民党の石破茂元幹事長は1日、秋田市内で講演し、新党「希望の党」に関連して「どんな党か分からない」とする一方、「自民党に代わる現実的な保守政党があることは、日本の政治にとっていい。ライバルがいることで自民党に緊張感が生まれる」と述べた。
 講演後、石破氏は記者団に、新党代表の小池百合子東京都知事について「目指す方向は変わらない」と指摘。その上で、「自民党内から変えるのか、外から変えるのか。手法が違うということだ」と語った。