青森市の小野寺晃彦市長は3日、衆院選について「自身の選挙を支援してくださった恩返しとして、積極的に応援したい」と特定候補の支援を表明した。氏名は明かさなかった。
 小野寺氏は昨年11月の市長選で、自民、公明両党の支援を受けて当選。青森1区に立候補予定の自民候補を応援するとみられる。
 1区には、自民党前議員の津島淳氏(50)、民進系前議員で希望の党の公認を受けた升田世喜男氏(60)、共産党新人の赤平勇人氏(27)の3人が立候補を表明している。