社民党秋田県連は4日、秋田市内で総選挙選対会議を開き、迫る衆院選の候補者擁立を断念し、県内3小選挙区は自主投票とすることを決めた。県連によると、少なくとも衆院が小選挙区制になって以降、候補者を立てなかったのは初めて。
 県連は、共産党と候補者のすみ分けを目指し、秋田3区を中心に独自候補の擁立を模索してきた。石田寛代表は「大変残念だが、時間的な制約から擁立を断念した」と述べた。