菅義偉官房長官は5日、秋田県能代市で講演し、新党「希望の党」に合流した民進党系前議員らの動きに触れ、「政策協議などなしに一挙に政党ができた」と指摘。党設立や候補予定者の公認決定の経緯を改めて批判した。
 菅氏は「安保法制の破棄や消費税引き上げなどの政策をかなぐり捨てた。そんな人たちを信頼できない」と重ねて批判。「(態度が)一晩で変わったのだから、(さらに)一晩でひっくり返ることもあるのでは」と皮肉った。