原子力分野の人材育成や研究開発の拠点として、青森県が六ケ所村に整備を進めていた県量子科学センターの開設式が6日、現地で行われた。
 関係者ら120人が出席。三村申吾知事は「広く活用される施設を念頭に、多くの関係団体が連携しながら研究活動を展開し、県内の雇用創出や産業づくりにつながっていくことを期待する」と完成を祝った。
 同センターには、サイクロトロン加速器や陽電子放射断層撮影装置(PET)などの最新の設備が導入された。放射性同位元素の医学や工学分野での幅広い応用研究を目指す。
 東北大やセンター周辺の核燃料サイクル施設、核融合研究施設などと連携し、幅広く利用を呼び掛ける。宿泊設備や講義室も設けられ、学生らを受け入れて講義や実習を行うこともできる。