少年女子A100メートルの青野(山形・山形中央高)は、今夏に地元で開催された南東北インターハイと同じ3位に終わった。東北を代表する2年生スプリンターは「リベンジするつもりだったのに、すごく悔しい」と語った。
 苦手のスタートに成功したが、隣のコースだった昨年のインターハイ覇者斎藤(岡山・倉敷中央高)に先を行かれ、「前に人がいると力む悪い癖が出た」。優勝は今年のインターハイを制した児玉(大分・大分雄城台高)にさらわれ、3年生2人の壁を越えられなかった。「来年は絶対負けない。優勝します」と固く誓った。