社民党青森県連代表の三上武志氏(66)は7日、衆院選比例東北ブロックに立候補すると表明した。三上氏は「安倍政権の打倒がスローガン。東北での党議席復活を目指す」と話した。
 三上氏は青森市出身、青森高卒。1993年から2014年まで青森市議を6期務めた。15年の青森県議選に立候補し、落選。国政挑戦は初めてとなる。
 1日の党東北ブロック役員会後に比例単独候補擁立の機運が高まり、党本部が6日に三上氏擁立を決めたという。