比例代表東北ブロックは、自民党、希望の党、公明党、共産党、立憲民主党、日本維新の会、社民党、日本のこころの8党と、1政治団体が計67人(単独21人、重複46人)を届け出た。定数は前回から1減の13。
 自民は青森の前議員を単独1位とした。小選挙区の全23人を重複で2位とし、25~27位に岩手の前議員ら3人。希望は秋田の前議員を単独で1位に登載し、2位に小選挙区の全17人を重複で並べた。19、20位は福島、秋田両県の元議員。
 公明は前議員2人と新人を単独で擁立。共産は単独に前議員と新人2人、小選挙区の新人1人を重複にした。立民は宮城の新人を重複で1位に。2~4位に単独3人を立てた。
 維新は2選挙区の新人を重複。社民も2選挙区の新人を1位で重複させ、3位に単独1人。こころは単独1人。政治団体の幸福実現党は単独3人。
 前回の結果は自民5、旧民主党4、公明2、旧維新の党2、共産1。