原子力規制委員会の更田豊志委員長は11日の定例記者会見で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)とウラン濃縮工場(同)で保安規定違反が相次いだ問題に関し「未点検設備があるなど安全上の問題以前に、事業を遂行する基本的要件が欠けている」と述べ、原燃に体質改善を求めた。
 更田氏は再処理工場について「大型の化学工場のように非常に広い視野を持って保守管理しなければならず、運営に難しさがある」と指摘した。
 「原燃の(事業運営の)取り組みは覚悟に欠ける部分もあった。最大限の危機感を持って点検などの作業に当たってほしい」とも語り、同社の再発防止策や点検結果を厳しくチェックする姿勢を示した。