東北楽天が天国から地獄に突き落とされた負け方を忘れられない人は多いだろう。2009年10月21日の札幌ドーム、リーグ覇者日本ハムに挑んだクライマックスシリーズ(CS)第2ステージ第1戦。九回にスレッジにまさかの逆転満塁サヨナラ弾を喫して敗れ、日本シリーズ進出の夢が一気にかすんだ。「福盛の21球」と語られる悲劇だ。
 抑えの福盛は8-4の九回に登板。1死から3連打で1失点し、なお満塁でスレッジとの勝負。福盛は落差のあるフォークボールが生命線だ。対するスレッジは長打力がある半面、選球眼に難があった。徹底的に低めのフォークで誘うのが、野村監督らベンチが見立てた攻略法だった。
 初球フォークで空振りさせた後、命運を決めたのは2球目。手の届きにくい外角低めを狙った変化球。左打席のスレッジがゴルフのドライバーショットのように振り下ろしたバットが届いた。「どんぴしゃだ」。福盛が思うなり、打球は左翼席前列へ突き刺さった。

<カウントに執着>
 捕手中谷のサインはフォークだった。だが福盛は2度首を振り、外へ逃げる変化球ツーシームを外角低めへ。狙いは「ファウルで2ストライクに追い込みたかった」。ただ制球は少し甘かった。
 なぜカウント0-2に執着したのか。数日前にインフルエンザ感染し、「体が思うように動かない」(福盛)状態で乱調だった。まず初球フォークが抜けていた。直前の高橋には1-2からフォークなどを5球粘られて四球。だから圧倒的有利なカウントにすがろうとした。
 「ボール三つ使える余裕があれば、何球かはフォークが低めにいくと踏んだ」。プロ15年目、フォークで修羅場をくぐり抜けてきた福盛だったが、この日は勝負球を投げる前に沈んだ。

<誕生日同じ2人>
 九回に鉄平の2ランで8-4とし、「楽に終われるはずの点差になった」と福盛。首脳陣は7月に大リーグから復帰して以来、35試合で7勝1敗10セーブ、防御率2.18と好成績を残した福盛に締めを託した。
 八回1死に先発永井が降板してから藤原、小山、有銘、川岸を繰り出して何とか2点差を守るばたつきもあった。だから、「九回は悪くても福盛に全てを預ける選択肢しかなかった」(当時の橋上ヘッドコーチ)。
 これまでの話はあれ以来、8年ぶりに再会した時の福盛の回想だ。「自分の野球人生で最大の出来事。あの結末は運命だったと思うときもある」と明かした。
 東北楽天がファーストステージから戦うCSはこの09年以来。その指揮官が当時の敵将で、福盛と同じ誕生日という梨田監督だ。そこに因縁めいたものを感じる。選手やファン、そして番記者が8年間抱え続けた無念を晴らす時が間もなく来る。(金野正之)