J1仙台は12日、リーグ戦第29節川崎戦(14日15時・等々力陸上競技場)に向け、仙台市の紫山サッカー場で約1時間、練習した。
 紅白戦ではFW石原が主力組のワントップを務め、攻撃陣をけん引。シャドーストライカーに入ったFW西村も精力的に動き回った。

<西村「負けた借り返す」>
 「ルヴァン杯(準決勝)で負けた借りを返したい。やっぱり結果。ゴールに結びつけたい」。紅白戦で主力組のシャドーストライカーを務めた西村が、川崎戦に向けて気持ちを高めている。
 現在、リーグ戦2位につける川崎との対戦を踏まえ「隙は結構ある。悔しい思いはみんな持っているので、それを(ピッチで)表現できればいい」と語る。
 今季リーグ戦も、残り6試合になった。「一試合一試合が大事。どれだけ集中して臨めるか」。上位浮上を目指し、本当の勝負となる今後を見据えた。