街歩きをしながら美術作品を楽しむイベント「長井文化回廊」が長井市内で開かれている。「まちめぐり美術館」と銘打ち、文化施設のほか金物店や書店、履物店、酒蔵などに絵画や工芸、写真などが展示されている。5日まで。
 地元有志による実行委員会が開催し、4年目。県指定有形文化財「丸大扇屋」や国登録有形文化財の金物店「鍋屋本店」など7会場に24人の作品が展示されている。長井高写真部員13人と小桜幼稚園児33人も初めて出品し、会場に彩りを添えている。
 3~5日はロダンやクロチェッティ、佐藤忠良ら彫刻家の作品を収蔵する「芳文庫ギャラリー」を予約制で公開。クリエーターのグループが昨年からリノベーションを手掛ける旧印刷工場では4、5の両日、有料で壁面制作ワークショップが開かれる。
 連絡先は文教の杜ながい0238(88)4151。芳文庫ギャラリー見学は市文化生涯学習課0238(84)7677。