東北楽天は9日、ドラフト6位指名した仙台育英高の西巻賢二内野手(18)=167センチ、68キロ、右投げ右打ち=と多賀城市で入団交渉を行い、契約金2000万円、年俸500万円で入団合意した。
 ユニホームに袖を通して記者会見した西巻は「プロの世界でやっていく自覚を持つとともに、わくわくした気持ちです」と喜びを表した。会津若松市出身で、交渉の席では長島哲郎スカウト部長らから「東北出身選手として多くのファンが期待している」と言われたといい、「期待に応えたい」と決意を語った。
 持ち味は守備力。「いずれはゴールデングラブ賞を取るような選手になりたい」と目標を語った。課題の打撃向上のため、指名を受けた後は1日300~500スイングの練習に取り組んでいる。
 担当の上岡良一スカウトは「守備では春のキャンプからコーチ陣が『おっ』と驚くぐらいの力がある。勝負強い打撃を身に付け、(OBで1軍打撃コーチの)高須(洋介)のような選手になってほしい」と期待した。