JR仙山線は10日、全線開通から80年を迎えた。
 仙台-山形間の移動手段は近年、高速道路に主役の座を譲る一方、仙台圏では通勤通学路線として定着。現在は仙山連携の機運も高まり、再び存在感が増している。

 仙台-山形間の鉄路建設は明治時代から要望があったが、ルート選定を巡って政治が介入し、地域が対立する「我田引鉄」の様相となったという。ルートがなかなか決まらず、計画が進んだのは大正後期になってからだ。
 1929(昭和4)年、宮城側の仙山東線が仙台-愛子間で開業。2年後には作並まで延伸した。山形側の仙山西線は山形-山寺間が33年に開業した。
 残る作並-山寺間には奥羽山脈がそびえる。山間の急勾配に線路を敷き、県境の仙山トンネル(全長約5.4キロ)を貫通させた。37年、同区間がつながって仙山線となり、全線が開通した。
 当時、主要な乗客となったのが行商の女性たちだ。日本海の海の幸や山形の野菜を仙台で売り、太平洋の魚などを山形に運んだ。仙山線は宮城、山形両県の物流の中心的役割を担った。
 戦後の54年、国鉄の命運を懸けた交流電化の試験が仙山線で始まった。主流だった直流電化を交流に変えられれば、変電所の数を減らすことができて経済効率が高まり、長距離走行しやすくなるためだ。57年には、仙台-作並間で国内初の交流電化の営業運転が実現した。
 試験では思わぬ副産物が生まれた。交流電化だと時速200キロの走行が可能になることが判明。この成果を基礎にして開発されたのが新幹線だった。仙山線での試験開始から10年後の64年、東海道新幹線が開通する。
 昭和から平成にかけ、仙山線に大きな変化が起きる。仙台市内の沿線で宅地開発が進むとともに北山、国見、東照宮、葛岡と新駅が次々に誕生。2007年には東北福祉大前駅が開業した。仙台圏の同線は都市間輸送手段の一部となった。
 一方で仙台-山形間は1991年、東北自動車道と山形自動車道によって高速道で結ばれた。移動手段の主役は、仙山線の列車から高速バスに交代した。
 2016年には仙台、山形両市が仙山圏の活性化を目指す包括的な連携協定を結んだ。防災、観光など多方面で交流を進め、仙山連携は年々熟度を増している。沿線の地域資源の掘り起こしも盛んだ。複線化など仙山線の機能強化を求める声は根強い。