任期満了に伴う福島市長選(12日告示、19日投開票)で、立候補予定者の公開討論会(福島青年会議所主催)が9日夜、福島市であった。予定者4人全てが参加し、子育て支援といった人口減対策や経済活性化策などで意見を交わした。
 4人は、再選を目指す現職の小林香氏(58)と、いずれも新人で前復興庁福島復興局長の木幡浩氏(57)、元県議の桜田葉子氏(60)、保育所経営の法井太閤氏(72)。会場に約200人が集まった。
 小林氏は「保育士の処遇改善など待機児童の解消へ成果は出ている」と強調。来春の中核市移行を見据え「米沢、白石両市とも県境を越えて連携し、観光振興に取り組む」と述べた。
 木幡氏は「日本一子育てしやすい環境を目指す」と力説。「果物を使った菓子をブランド化し、JR福島駅前に県内のB級グルメの横町を作るなど県都らしい活性化を図る」と語った。
 桜田氏は「子育て支援では子どもの年齢に応じた切れ目のない相談体制が重要だ」と指摘。東北中央自動車道を生かして「企業が進出しやすいよう土地利用を見直す」と話した。
 法井氏は人口減対策を巡り、「カップルへの結婚準備金の給付など、必要なところにお金を使う」と説明。観光振興では「市内の信夫(しのぶ)山の頂上に観覧車を造ってはどうか」と提案した。
 討論会では、コンパクトシティーについての考え方や、市公会堂をはじめ老朽化する施設への対応なども議論した。