幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)は10日、ラーメン店などのうち52店舗を閉鎖すると発表した。長期的成長が見込めないなどと判断した。東北は福島市のとんかつ店の1店舗で、ステーキ店に業態転換する。
 対象は北海道や関西、中国、東海各地方の店舗。うち10店舗は閉鎖済みで残りは来年3月までに順次閉める。同社は「味の好みが異なるエリア」と説明する。
 幸楽苑HDは現在561店舗で、グループ1000店舗体制を目標に業態の異なる飲食店展開も模索。10月にはステーキチェーン「ペッパーフードサービス」(東京)とフランチャイズ(FC)契約を締結。閉鎖する福島市のとんかつ店をFC第1号の「いきなり!ステーキ」に業態転換し、12月21日にオープンさせる。