任期満了に伴う福島市長選は12日告示され、再選を目指す現職の小林香氏(58)と、いずれも新人で保育所経営の法井太閤氏(72)、前復興庁福島復興局長の木幡浩氏(57)=社民支持=、元県議の桜田葉子氏(60)の計4人が無所属で立候補を届け出た。中心市街地活性化や子育て支援策などが争点となっている。投票は19日で即日開票される。
 第一声で小林氏は、来春に予定される中核市移行などの実績をアピール。「市民サービスの向上に努め、健康長寿のまちづくりを進める」などと訴えた。
 法井氏は「市民が豊かさを実感できる市政を実現する」と主張。結婚希望のカップルへの融資、子ども1人当たり月5万円の支援金支給を公約に掲げる。
 木幡氏はJR福島駅前のにぎわい不足などを指摘。「県都の誇りを取り戻す。経済活性化を図り、市民総参加で新しい福島をつくろう」と呼び掛けた。
 桜田氏は県議として少子化対策に取り組んだとして「求められるのは女性の視点。生活、仕事、子育ての場として選ばれる福島市を目指す」と強調した。
 11日現在の有権者は23万8873人。