神奈川県座間市の事件で、被害者と確認された福島市の女子高生が通っていた福島県内の県立高校が13日、全校集会を開いた。
 集会後に校長が取材に応じ「(生徒たちには)言葉にならない悲痛な気持ちを伝えた。悩みがあれば担任の先生や周りの人々に相談し、一人で抱え込まないでと訴えた」と話した。生徒らは各教室で黙とうしたという。
 身元が公表された10日、高校は混乱を防ぐため臨時休校としており、女子高生が被害者と判明後、初めての登校日となった。
 登校した女子生徒(15)は「直接面識はないけど悲しい」とうつむき、別の女子生徒(17)は「ニュースで初めて知った。ツイッターは怖いと思った」と困惑した様子だった。
 被害者と確認されたのは、この高校の3年生須田あかりさん(17)。高校などによると、最後に登校したのは体育祭があった9月26日。翌日から学校を休み、28日に県警に行方不明の届け出があった。
 漫画やアニメの絵を描く同好会に所属。その後、書道部に在籍した。6月ごろから学校を休みがちになったという。