小池百合子東京都知事が希望の党代表を辞任した14日、東北の国会議員は与野党を問わず「無責任ではないか」などと批判の声を上げた。新党の「創業者」を自認していた小池氏の突然の辞任表明に、党所属の議員は「あまりに唐突だ」と戸惑いの表情を見せた。
 党は小池氏の代表続投を前提に10日、玉木雄一郎共同代表を選出したばかり。寺田学衆院議員(比例東北)は「展開が急すぎてついていけない部分がある」と指摘。「(党の現状を)国民に説明する方法について、本気で知恵を絞らなければいけない」と危機感をあらわにした。
 緑川貴士衆院議員(同)は惨敗した衆院選を振り返り「辞任は必然の流れかもしれない。新代表の下、政策面の意思統一を急ぎたい」と語った。
 他の野党からも反発の声が上がった。立憲民主党の岡本章子衆院議員(同)は「(代表の職務を)放り出す印象は拭えない。無責任だと思う」と述べた。衆院選で希望などとの野党連携を模索した自由党の小沢一郎代表(衆院岩手3区)は「一瞬の夢みたいな話」と1カ月半余りで代表を退いた小池氏を批判した。
 自民党の土井亨衆院議員(宮城1区)は「政党の代表とはそれほど軽いものではない。小池氏は国政に挑戦する展開が急すぎた。都政に専念すべきだと思う」とくぎを刺した。