20日午後7時40分ごろ、青森県深浦町の大間越海岸に木造船が漂着しているのを漁師の男性が発見した。連絡を受けた青森海上保安部によると、船は転覆した状態で、全長約12.6メートル、幅3.7メートル。船首部両側に赤色で「913185」の数字と判別不明の文字が記載されていた。近くに6着の救命胴衣があったが、船内は無人だった