青森県三戸町は24日、ふるさと納税の返礼品に絵本「11ぴきのねこ ふくろのなか」に登場する怪獣「ウヒアハ」のぬいぐるみを追加すると発表した。12月1日に受け付けを開始する。
 町は、同町出身の漫画家故馬場のぼるさんが手掛けた「11ぴきのねこ」を活用したまちづくりを進めている。返礼品へのぬいぐるみの導入は、ねこの特大ぬいぐるみに続く第2弾。
 ウヒアハのぬいぐるみは全長40センチで、市販品を含め初の製品となる。絵本出版こぐま社(東京)、ぬいぐるみ製造セキグチ(同)が製品化に協力した。
 町によると、ウヒアハは馬場さんの晩年のスケッチブックに多く描かれ、大切にしていたキャラクターと考えられる。松尾和彦町長は「ウヒアハが世の中に出るのはすばらしい。全国にいるたくさんのファンに届けたい」と話した。
 限定500体で、1万4000円以上の寄付が対象となる。ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」で受け付ける。
 連絡先は町まちづくり推進課0179(20)1111。