秋田県が約2億1000万円を補助した観光物産施設「羽州浜街道・にかほ陣屋」(にかほ市)で、元県議が出資する運営会社の秋田物産センター(同)が県の許可なく一部を取り壊してカラオケ施設を増築していた問題で、県は27日、県議会農林水産委員会で経緯を説明し、手続きに改善すべき点があったことを認めた。
 同社はカラオケ施設の増築に加えて、別の施設の改装を2回した。県はいずれも日付をさかのぼって同社に模様替え届を提出させていた。湯元巌農林水産部次長は「手続きに課題が残った」と述べた。
 同日の定例記者会見で、佐竹敬久知事は「県議が絡むからこそ、しっかり事務処理すべきだった」と指摘した。