秋田県のマスコットキャラクターで、広報広聴課主任の「スギッチ」が29日、県を「退職」した。
 県庁応接室で、佐竹敬久知事が退職辞令と感謝状を手渡し「これからは(出身地の)森の妖精界で秋田県をPRしてほしい」と述べた。スギッチは「みんなだいスギッチ。みんなで秋田を盛り上げてね」と書いた紙を見せ、謝意を示した。
 1階玄関ホールで最後の撮影会があり、東京から駆け付けたフリーライター長沢優美子さん(45)は「表情が豊かでかわいい。秋田新幹線の車窓から森を見たら、スギッチを思い出す」と別れを惜しんだ。
 スギッチは秋田わか杉国体(2007年)のマスコットキャラクターとして04年に登場。07年11月30日に県職員に採用された。