山形県は29日、県産品の新たなブランド戦略とロゴマークを発表した。「上質な いいもの 山形」をテーマに、農産物から最先端の工業製品まで県産品のイメージアップと知名度向上を図る。
 ブランド戦略は、質の高い県産品を生み出すものづくりの姿勢や背景を県内外にアピールすることが狙い。新たに作製したロゴマークは「創造の山 理想の形」をキャッチコピーに、35市町村を示す色の四角形を山形県の形に並べ、県産品の多様性を表現した。
 県内外への情報発信も強化。県外向けには山形鋳物や米沢織物などの作成過程や魅力を紹介する動画を公開し、会員制交流サイト(SNS)で拡散させる。
 県内を訪れた観光客に対しては、県内の主要駅や空港で、ブランドマークや県産品の魅力をアピールする広告を掲載する。