福島県下郷町の2カ所に計2人の遺体が埋められていた事件で、二本松市出身の住所、職業不詳松田昭浩さん=当時(42)=を殺害したとして、福島北署捜査本部は3日、殺人の疑いで、同県国見町藤田、無職星久宏容疑者(39)=死体遺棄罪で起訴=を再逮捕した。弟のさいたま市桜区、大工星賢二被告(35)=同=は殺害に関与せず、久宏容疑者の単独の犯行だったとみている。
 逮捕容疑は昨年6月7日ごろ、宇都宮市のアパートで、同居していた松田さんの頭を殴るなどして殺害した疑い。捜査本部によると、「暴行はしたが殺意はなかった」と否認している。
 松田さんは頭や体に複数の骨折があり、頭部外傷が致命傷になったとみられる。久宏容疑者は凶器の使用を否定しており、捜査本部は暴行の詳しい状況を調べる。松田さんやその家族から金銭をだまし取った疑いもあり、金銭トラブルが事件の背景にあるとみて動機の解明を進める。
 捜査本部などによると、久宏容疑者と松田さんは2015年2月ごろ、仕事を通じて知り合った。東京電力福島第1原発事故に伴う二本松市の除染関係の仕事では、久宏容疑者が上司の立場だったという。
 久宏容疑者ら兄弟2人は、出身地の下郷町の阿賀川沿いの温泉跡地の空き地に昨年6月、松田さんの遺体を埋めた疑いで逮捕され、先月30日に起訴された。
 2人の供述で、先月20日には空き地から約1キロ離れた町道脇の地中から、10年前に行方不明となった福島市出身の住所、職業不詳半沢拓也さん=当時(37)=の遺体が見つかった。捜査本部は半沢さんの死亡の経緯も知っているとみて捜査している。