女子シングルスで大堀が山口との競り合いに敗れ初優勝を逃した。「いい試合だったが、最後に点が取れないのは何か原因がある」と冷静に振り返った。
 世界ランク2位と互角に渡り合った。「決めたと思っても返ってきたり、びっくりするような返球もある」。ここ一番での底力ではかなわなかった。
 「普段の生活がそのまま試合に出てしまう」。8強止まりだった昨年大会で得た反省点は自分への甘さ。練習に身が入らない時はひたすら走り込むなど、自分を徹底して追い込んだ1年だった。
 同種目の勢力図に変化はない。「置いて行かれないようにする。気は抜けない」。本当の勝負はこれからだ。