花巻市は4日、プロ野球西武の菊池雄星投手(岩手・花巻東高出)に、スポーツで優れた成績を収めた市ゆかりの個人や団体を表彰する「市スポーツ栄光賞」を贈った。
 菊池投手は今季16勝を挙げてパ・リーグの最多勝と最優秀防御率(1.97)の2冠に輝き、ベストナインに初めて選出された。
 市役所であった贈呈式で菊池投手は「今年は多くの賞を頂いたが、その中でも思い出に残る賞」と喜びを語り、「プロに入って結果が出ない時期が多かったが、花巻市民の皆さんは温かく見守ってくれた」と感謝を口にした。
 上田東一市長は「今年の活躍を喜んだ市民は多い。特に子どもたちが力を得たと思う」とたたえた。
 菊池投手は選抜高校野球大会で準優勝した2009年にも、花巻東高硬式野球部の一員として同賞を受賞している。