秋田犬発祥の地とされる秋田県大館市は、来年の干支(えと)「戌(いぬ)」に合わせ、秋田犬の写真を使った年賀状用の素材を市のホームページで公開した。無料でダウンロードできる。来年1月10日まで。
 「謹賀新年」などと書かれた文字入りの画像4点と、文字のない画像18点を公開。秋田犬保存会が飼育する犬や、市地域おこし協力隊が育てている雌の双子「飛鳥」と「あこ」などをモデルに市職員が撮影した。子犬が草原を元気に走り回る姿や、飛鳥とあこが寄り添う様子がある。
 市観光課の担当者は「年賀状や会員制交流サイト(SNS)で使ってもらい、秋田犬や大館市の魅力を全国に発信したい」と話す。
 画像を編集する際は画像中の「(c)忠犬ハチ公と秋田犬のふるさと大館市」の表記を残すか、別途記載する。新年のあいさつ以外の用途に使う場合は問い合わせが必要。連絡先は市観光課0186(43)7072。