仙台市泉区松森のハウスで、宮城県山元町の農業生産法人「一苺一笑(いちごいちえ)」が育てるイチゴが初の収穫時期を迎えた。仙台でのイチゴ栽培は珍しく、大消費地にもぎたての味を届ける狙いがある。
 県道泉塩釜線沿いの休耕田に建設した30アールのハウスで5日、スタッフが「もういっこ」「とちおとめ」数十キロを収穫した。年内は主にケーキ店などに出荷し、年明けからハウス軒先での直売に力を入れるという。
 総工費は約1億円で県の補助金を活用した。養液を使い、ハウスの環境はコンピューター制御。今季の収穫は16トン程度を見込む。
 一苺一笑は2012年、東日本大震災で被災したイチゴ農家出身の若者3人が設立。昨季は山元町で約50トンのイチゴを生産した。
 松森のハウスで町の観光案内なども行う予定で、佐藤拓実社長(35)は「最もおいしい状態のイチゴを仙台の方に味わってもらうとともに、山元の魅力も伝えたい」と話す。