第96回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕し、48代表校(東京2校)が首都圏の9会場で頂点を争う。2連覇が懸かる青森山田が優勝争いの軸になりそうだが、同じブロックには今夏の全国高校総体(南東北インターハイ)王者の流通経大柏(千葉)も入り、激戦区となった。前回準優勝の前橋育英(群馬)や東福岡にも力がある。
 21大会連続出場の青森山田はJ1神戸に入る郷家、J2山形入りする中村らを中心に高い得点力を誇る。流通経大柏は高校総体で5試合計1失点と堅守が持ち味だ。同ブロックはU-18(18歳以下)日本代表のストライカー安藤を擁する長崎総合科学大付や中京大中京(愛知)、関東第一(東京B)など強豪校も同じブロックに入った。
 前回のメンバーが多く残った前橋育英は双子の田部井兄弟が中盤を担い、総合力は高い。手堅い守備で5年ぶりの出場を決めた仙台育英、能力の高い選手がそろう尚志(福島)も上位をうかがう。仙台育英の初戦の相手は高松商(香川)。尚志は初戦で、前々回の王者でU-18日本代表の阿部らを擁する東福岡とぶつかる。5大会連続出場の遠野(岩手)は初戦で作陽(岡山)と顔を合わせる。
 得点センスが光る山梨学院の加藤、J1清水に入る神村学園(鹿児島)の高橋、来季J2の大宮入りする昌平(埼玉)の佐相ら攻撃陣に好素材が多い。2020年東京五輪出場も狙える世代のプレーに注目したい。
 準決勝は来年1月6日、決勝は8日にいずれも埼玉スタジアムで開催される。